2006年08月17日

★欲望と願望10★

★欲望と願望10★


「欲望ととも起き、欲望とともに眠る」


どんなアイデアであろうと、欲望であろうと

あなたの能力で達成できないものなら、初めから
あなたの頭の中に浮かぶことはありません。

いかなるアイデアも、できると信じていれば
達成できるのです。


あなたが何よりもほしいものは何なのか??

今すぐ決めることです。

次に、それをあなたの心に焼き付けます。

そして

あなたの心が奮い立ち、そのことばかり考えるように
なるまで

その目的と仲良くなることです。

いかなる目的も欲望とともに始まるのですから。
posted by genshin at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

★欲望と願望9★

★欲望と願望9★

それは・・・

1)過去の失敗や過ちにこだわっているために
  生ずる自信の欠如

2)明確な目的の欠如


3)その目的達成のための明確な計画の欠如


4)好意あるアドバイスという形で、友人・身内
  などが行う批判を受け入れてしまうという
  主体性の欠如


あなたは、感情も行動も信念の結果として生まれるもの
だということをよく理解しておくべきなのです。

もし、あなたが目的意識に疑問をもつなら
その原因は信念の欠如なのか、それとも誤った判断に
基づいているか のいずれかになります。

つづく・・

posted by genshin at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★欲望と願望8★

★欲望と願望8★

「信念の欠如はなぜ起きる??」

私たちは一生のうち、多くの優れたアイデアを思い
つくのですが
ほんのわずかな人だけがアイデアを実現できるように
見えるのはなぜなのでしょうか??

人間が頭で考え、強く信じることはすべて達成できる
のです。

エマーソンは言いました。

「自然に気まぐれはない。神が人間に欲望を植え付けた
ということは、それを感じ取る人間が欲望を満たす資質を
備えている暗示だ」 と。

そうです、

神は私たちが自分の力で実現できる考えのみが頭の中に
浮かぶことを許されたのです。

私たちが意識的にまずある考えを思いついたということは
私たちにそれを達成する能力がある という証拠でなのです。

いかなる運動にも、作用・反作用があるように
信念の欠如が結果なら、その信念の欠如の原因は
次のいずれかになります。

つづく・・・
posted by genshin at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

★欲望と願望7★

★欲望と願望7★

第一に・・・・

★あなたの目標が何であるかを決定する★


目標達成によって得られる報酬は、そのために払った
努力の量に比例しなければなりません。

この目標は、私たちが頭の中で明確にすればするほど
現実的なものになり、

そして、それを達成しようという欲望も強くなります。


第二に・・・

★目標とそれを達成した時の報酬を紙に書く★

紙に書き出すことで、目標を潜在意識の中に深く植え付ける
ことができます。

そして、それを何回繰り返すかによって、私たちが開発できる
欲望の量が決まるのです。

アイデアを思いつく能力があるかないかは、問題では
ありません。

アイデアとは、あなたに欲望があれば生まれてくるもの
なのですから。

つづく・・・
posted by genshin at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

★欲望と願望6★

★欲望と願望6★

あるものに対する人間の欲望が、命を引き換えに
しても良いと思うほどに強くなれば

何一つとして、それを手に入れることを妨げる
ものはないのです。

では、どうすればそのような強い欲望を持つことが
できるのでしょうか?

あなたは次のことを頭に入れておくべきなのです。

それは

成功したいという欲望を持って生まれた人間は
ひとりもいない


ということなのです。

私たちは、生き残りたい という基本的な欲望を
持って生まれてきました。

しかし

単に生き残るということ以上に何かを成し遂げよう
という欲望を起こすには、意識的な努力が必要
なのです。


そのためには、次の2つのことを実践してみる
必要があります。

つづく・・・・
posted by genshin at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

★欲望と願望5★

★欲望と願望5★


「欲望は強くすることができる」


今日、多くの人が目標達成の強い欲望を実行に
移さないのは、

どうしてもそうしなければならない!

という切迫したものがないからなのです。

ここで、古代ギリシャの哲学者プラトンの話を
ご紹介しましょう。

プラトンは、当時、賢者のひとりであるソクラテス
に、彼がそれまでに蓄えた英知を自分にも分けて
ほしい と頼みました。

すると、ソクラテスは黙ってついてくるように合図を
し、海岸までやってくると

なおもかまわず、海の中へと入っていきました。

そして、水がソクラテスの肩まで来た時、突然振り返ると
プラトンの肩をつかみ、いきなり水中へと沈めたのです。

プラトンはじっと耐えていましたが、もはやこれ以上我慢が
できなくなると、激しく水面に頭をもたげ、抗議をしました。

すると、

ソクラテスいわく

「プラトンよ。汝が今、命がけで空気を求めたごとく、
 英知を欲せよ。さすれば、すべての英知は汝のものに
 なるであろう。」

と。

つづく・・・・

posted by genshin at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

★欲望と願望4★


★欲望と願望4★


やがて、人間は生存の欲望から改善の欲望、
変革の欲望へと進歩しました。

人間は、はじめ、洞穴、樹木などの安全な場所を
探し、雨風をしのぐだけで満足していたのです。



時とともに、これらの安全な場所を自分に合ったものに
設計しなおすようになったのです。

そして

今では、自然から身を守るだけでなく、自然そのものまでを
変えようとまでしています。

これらの進歩の根底にあるもの・・・・それは・・・

欲望なのです!

欲望は、感情と一体になった考えですが、よく願望と混同
されがちです。

しかし、ある人がほしいと思っているものを、どのように
して、手に入れるかを見れば、欲望と真の願望は簡単に
区別がつくのです。


もし、

私たちの祖先がこの2つを混同し

「天気が良くなればなあ」

とか

「獣がいなくなればいいのになあ」

などと、願望だけを持って何もしなかったのなら
私たちが現在この世に存在することすらなかったでしょう。

彼らは、願望だけを抱いてボンヤリ立っていたのではなく

行動を起こしたのです。

つまり、どうしてもそうする必要がある!と感じたから
なのですね。つづく・・・・
posted by genshin at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

★欲望と願望3★


★欲望と願望3★



何が人間をこのように発展させたのでしょうか。
あらゆる発展を見ると、そこには必ず欲望が存在
します。

神は人間に、たっとひとつの目的のために頭を使う
ことを強いられました。

それは

「生き残る」ということです。

人間が雨風をしのぐ場所を探し、動物の毛皮で体を
覆うことを考え出したのも、

また

火を起こして体を温め石を拾って身を守ったのも
すべてこの基本的欲望がさせたことなのです。

そして

私たちの祖先は、火を使って単に温まったり獣を
追い払ったりすることから、火を料理に使うようになる
までに、なんと数千年も費やしているのです。

つづく・・
posted by genshin at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

★欲望と願望2★

★欲望と願望2★

人類の文明がある時を境にいかに
急激に発展したのか?

アルビン・トフラーは、著書「未来の衝撃」の中で
次のように語っているのです。

彼はまず人間の一生を62年と仮定し、
過去5万年の人類の歴史を62年で割ってみました。

すると

これまでに約800の生涯が存在したことに
なります。
そのうち、人間は650生涯を洞穴の中で過ごしています。

文字が作られ、次の時代に記録を残すようになったのは、
今からわずか70生涯前。

印刷術が発明され、文字が多くの人々にいき届くように
なったのは、今からたった6生涯前のことです。

そして、

時間を正確に計れるようになったのは、4生涯前
モーターを使うようになったのは、たった2生涯前のこと
であり、あらゆる文明は800番目の今、花開いたのです。

つづく・・
posted by genshin at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

★欲望と願望1★

★欲望と願望1★

人類の歴史を振り返ってみましょう。

私たちの祖先は、気が遠くなるような
長い年月を、ただ生き残るためにのみ
費やしてきました。

そして今日、私たちが文明と呼ぶ
幾多のテクノロジーは、ほんの数世紀前から
花開いたのです。

これを24時間にたとえてみると

私たちの祖先はほとんど丸一日を暗い洞穴で過ごし
夜明け前の閃光のごとき、一瞬に文明が花開いた
ことになります。

しかも

人類を月まで選んだ現代人の脳と、火を使うだけの
文明しか持たなかった古代人の脳はまったく同じもの
だった


ということなのです。

では

何が人類をこのように急速に進歩させたのでしょうか。

それは人間が不可能をも寄せ付けない強烈な欲望を
持っていたからなのです。

人類は、想像力という能力のおかげでたったひとりの
想像が火花となり、さらに多くの人々の想像を炎へと
燃え上がらせたのです。

私たちにとって
信念に裏打ちされた欲望こそ、歴史を変え文明を発展させる
原動力だったのです。

では、人類発展の無限のエネルギーである欲望について
お話していきましょう。
posted by genshin at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲望と願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

『劇的開運方法!ミルミル強運体質になる逆転法則!』(ID:0000189471) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム

『まぐまぐ!』から発行しています。 開運お祈り